プロモーション 宣伝活動

プロモーション (Promotion) は、カンタンに言うと…

商品を広く知ってもらうためにやることすべて

プロモーション」の効果や役目

集客のためには、商品や会社を多くの人に知ってもらわなければいけない!
ライバルで溢れる市場の中で自分の商品を見つけてもらうためには、“さまざまな工夫”が必要

「プロモーション」のやり方・考え方・なり方

一般的なプロモーション方法

 ・SNS活用
 ・広告を打つ …Web広告、新聞、テレビ、ラジオ、フリーペーパーなど
 ・販売促進…看板、ポスター、ちらし
 ・広報活動 (PR)…プレスリリース、メディアで記事にしてもらうなど
 ・営業する …キャッチセールス、電話営業、イベントブース参加
 ・イベント開催 …製品発表会、コラボ・タイアップイベント
 ・サンプルを配る

このブログでは、集客を成功させるために、どうしたら“さまざまに工夫”し、行動できるのか分からない人(著者)のために役立ちそうな情報をシンプルにまとめています。

プロモーションマーケティングの違いもよく分かりませんでしたが、プロモーションは「知ってもらうこと」、マーケティングは「売れるためのしくみを作ること」だと分かり、少しづつ頭がすっきりしてきました!

プロモーション(知ってもらうこと)は、マーケティング(売れるしくみ)の中に入りそうです。
上質な商品やサービスが当たり前になり、さらにインターネットによって情報過多な世の中で、自分のビジネスを知ってもらうのは大変そうです。

それでも、知ってもらわなければ始まらない。
自己主張が苦手な人間(著者)には高い壁ですが、このまま知られまま終わってしまうのは嫌だ!ということで、プロモーションにも力を入れようと思いました。

似ている言葉との違いは?

PR、広報、アピール…などの言葉と似ているようじ感じますが、プロモーションの商品を買ってもらうために「商品を広く知ってもらう」という内容からすると、以下のように違いがありました。

  • PR…広く知ってもらい、信頼関係を強める。プロモーション活動の一つとして使われやすい(Public Relations -パブリック リレーションズ- の略)
  • 広報…広く知らせて理解してもらう(↑上のPRが語源)
  • アピール…自分の主張を訴えかける。受け入れてもらおうとする
ホームページ制作.jp
使い方の例

商品を作ったはいいけど、知られていないから誰も買ってくれない。プロモーションに力を入れよう!

〔Wikipediaでは〕≫プロモーション

宣伝…提供する商品やサービスを、広範の消費者へ認知させるプロモーション活動の一種

〔辞書(Weblio)では〕≫プロモーション

消費者の購買意欲をあおる活動という意味。日本語で宣伝や広報を表す、英語の promotion が語源。
プロモーション活動は、商品や人材を売り込むために行う広報活動の総称。

むずかしい日本語:促進、振興、助成 昇進、昇格、昇給 販売促進、広報宣伝

英語で言うと:Promotion

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました