PR マーケティング

PR (ピーアール) は、カンタンに言うと…

広く知られ、信頼されること

PR」の効果や役目

・お客さんに信頼されることで、長く利用してもらえる
・商品や会社を深く知ってもらえて、さらに信頼関係が深まる
・口コミのパワーが強い

「PR」のやり方・考え方・なり方

①お客さんになってもらいたい人の、心理や行動を研究
②お客さんに「メリットのある情報」を作る
③情報を届けたい人に「届く方法」を考える
④情報が届いた時に「興味を持ってもらう方法」を考える
⑤反応を調べる
⑥次にもっと良くなる方法を考える

多くの人に、会社や商品のことを知ってもらう。そして信頼してもらうことが、パブリック・リレーションズの意味だそうです。
「信頼してもらう」という点がミソですね。

「宣伝」との違い

「PR」は、1946年以降にアメリカから入ってきた言葉だそうです。
行政機関では「広報」と訳され、民間企業では「PR」と訳されました。
しかし、民間企業ではPRを『宣伝』と同じ使われ方をするようなり、意味が変わってしまっいました。
参考:パブリック・リレーションズとは(パブリックリレーションズ協会)

ホームページ制作.jp

さらに詳しく知ろう!「PR」

担当者が現場でやるべき仕事、必要な知識を網羅した基本書として、2009年から業界関係者からの支持を受け続けてロングセラー

多くのビジネスパーソンに必須の「PRのキホン」を、ざっくりと網羅的に、できれば実践に役立つ形で知りたい初心者向け

〔Wikipediaでは〕≫PR

国家・企業・団体などの組織体または個人が、一般大衆に対して情報を伝播したり情報や意見を受け入れること。自身に対して理解や信頼を獲得しようとする目的で行われる広報活動または宣伝活動を含む概念

〔辞書(Weblio)では〕≫PR

※Wikipediaと同じ

むずかしい日本語:情報を伝播/理解や信頼を獲得

英語で言うと:Public Relations(パブリック リレーションズ)

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました