決済ツール ネット販売

決済ツール (けっさいつーる) は、カンタンに言うと…

現金以外でもお金を払える方法

最近、お店のレジのまわり、小さな機械がいくつも置かれていますね。ボタンがついていたりいなかったり、白色や黒色など種類はさまざま。

あれらが、現金ではないお金を使い「キャッシュレス」で支払える機械&サービスがセットになった決済ツールのひとつ。今回は、集客後の大事なポイントである支払い、その中の決済ツールを勉強しました。

決済ツール」の効果や役目

  • クレジットカードやネットバンキングも使え、現金が無くてもOK
  • インターネット上で365日 24時間いつでもOK
  • ネット上でお金の管理ができる
  • 支払いの方法が増える=支払いのチャンスを逃さないので、売る人も嬉しい
  • 現金を持たない人や外国人も気軽に支払える
  • 「非接触」を実現しやすくコロナでも安心

決済ツールは、お店でのレジ払い、インターネットでの買い物、展示会イベントや屋外フェスなどなど、さまざまなところで使われています。
「現金以外で払えるしくみ」を用意している会社があり、それを、商品を売りたい会社やお店が使うことでしくみが回っています。
「決済ツール」のやり方・考え方・なり方

決済ツールを提供する会社から、決済用の「サービス」や「機械」を入手し、サービス料や手数料を支払って使う

これからの時代の決済方法

現金以外で支払う方法というと、

・クレジットカード、デビッドカード
・電子マネー
・スマホ決済

などが浮かびます。

「電子決済」、「QR・バーコード決済」など、電子やインターネット上で払うことを「オンライン決済」とも言ったりしますね。

オンライン決済と決済ツールを提供する会社もたくさんあります。

  • PayPal(ペイパル)
  • LINE Pay
  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • Stripe(ストライプ)
  • Square(スクエア) などなど

今回は、個人や小規模なショップも気軽に始められる「Square」を少し深堀りしてみます。

カンタンに利用開始、入金も早い決済ツール

Squareは、開業したてのお店や個人事業主でも始められるオンライン決済ツールです。
クレジットカードや電子マネーを使って、物やサービスを販売できます。

決済の種類 クレジットカード、電子マネー、ネットショップ
オンライン請求書
カード手数料 決済ごとに3~4%
ほか手数料 すべて0円(月額固定費/入金・振込手数料/解約費)
売上の
入金時期
翌営業日
ネットショップ
との連携
OK
導入までの
スピード
最短即日
審査 信頼できるアカウントかどうかを確認される。
複雑な審査はなし。資格など不要
(よっぽどのことが無いと落ちないようですが、社会的に良くないと判断されるような業種が落ちるようです)
※法人の場合は登記簿謄本、個人事業主の場合は開業届や広告などの“サービス内容を証明できる書類”の追加提出を求められることがあります。
ほか 機器によりレシート発行可能

「お金を持ってないから買えない」という機会損失

今はもう「後で払うので、商品を先にください!」なんてことが通用する時代ではありません。外国人観光客も多い地域では、クレジットカードで支払う人も多いでしょう。

Squareが行なった調査によると、月に1回以上カードを使う人の74%は「クレジットカード決済に対応かどうか?」をお店選びの基準にするそうです。
そんな中、「うちは現金払いのみ!」と言ってしまえば、買いたいと言ってくれる人がいるのにチャンスを逃してしまいます。

うちで買えないなら、あの店で買われてしまう

経済産業省がキャッシュレス化を推進しているので、日本のキャッシュレス化はますます進み、現金を持たない「電子マネー派」が増えるでしょう。
「キャッシュレス化もいいけど、準備するのがなんか面倒くさい」と思っていると、小さな損が積み重なり大損になる可能性があります。

たまたま現金を持っていないお客さんが来た時、現金支払のみのお店では、当然ですが買えません。ところが、ライバル店が現金以外の「オンライン決済」を導入していたら、そちらへ行ってしまうかもしれません。

オンライン決済を導入しよう!

まずは、気軽に始められるオンライン決済ツールを使ってみる。オンライン決済、電子決済は、使ってみるとその便利さに驚きます。

簡単に始められる決済ツールから

でも、申し込みとか設定とか面倒くさそうですよね。
その点、Squareは「初心者さんにも優しい&カンタン」という印象の大きいサービス。申込みはインターネットで完了、早ければ翌日から決済を始められます。

“お金の準備”の悩みも消える

私自身、本の即売会やフェスなどにたまに参加します。販売者、購入者どちらの立場でも参加しますが、毎回困るのは「お金の準備」。
販売者時は「おつりが足りなかったらどうしよう…」と思い、購入者の時は「お金が足りなかったらどうしよう…」と思います。

そんな悩みを持ちながら会場に入ると、『キャッシュレス決済OK!』をアピールしているブースが。お金のやりとりが無いので支払いがスピーディ、お客さんを待たせません。
ということで私もさっそくスマホ用の決済機器を購入! 機器といっても小さいので持ち歩きに不便なし。あとはイベント開催を待つのみです。

ますます進む日本のキャッシュレス化の波に乗る

キャッシュレス決済に対応しておくと、財布の中身を気にせずお金を使えるので、「あともうひとつ!」という追加でオーダーが生まれやすい。

Squareには、専用機器タイプ、iPadをレジにできるタイプ、スマホに接続して使うタイプなど、さまざまな決済機器が用意されています。
レンタルはありませんが、スマホ用のSquare Reader(スクエア リーダー)ならお得です。どんどん集客して、どんどん買ってもらえるように準備をしましょう。
〔辞書(Weblio)では〕≫決済ツール

決済とは…代金や証券・商品、または売買差金の受け渡しによって、売買取引を終了すること。取引等の経済活動の際に行われる。

英語で言うと:Payment terminal

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました