開業届 Webサービス

開業届 (かいぎょうとどけ) は、カンタンに言うと…

開業や独立をした時、税務署へ出す書類

自分の仕事で収入を得るようになった時に税務署へ出す書類。開業や独立をし、「開業」をした日から1ヶ月以内に提出をします。

開業届」の効果や役目

・収入を少ないことにして、税金を安くしてもらえる
 →確定申告で「最大65万円の控除」を受けられる
 →赤字を3年繰り越せる
・補助金などの行政への申請に便利

ビジネスや集客に直接関係ないものの、確定申告や補助金などで得できます。
得した分を広告費などに回せるので、サクッと作って提出してメリットを受け取っておきたいですね。
「開業届」のやり方・考え方・なり方

  • 紙に書く、又はパソコンでオンライン作成。開業届だけなら1枚で終わる
  • 完成したら、窓口へ持参/郵送/オンライン提出 のいずれかの方法で最寄りの税務署へ提出

お金でうれしいメリットがある書類

開業届を提出すると、いくつかメリットがあります。
まずは、“所得を少ないことにして税金を安くしてくれる”という、国が用意したオトクなサービスを受けられること。

・確定申告で「最大65万円の控除」を受けられる
→65万円分、所得を少ないことにしてくれる

・赤字を3年繰り越せる
→ 儲かっていない=所得を少ないことにしてくれる

このようにして合法の節税ができるのはうれしいですね! 屋号で銀行口座やクレジットカードを作れたりもありがたい。他には、オフィスの契約やお金の融資の審査時に提出を求めらることもあるそうです。

でも、作るの面倒くさそう

しかし…紙の書類を作るのは面倒ですよね。
私は、紙の書類を書くのが大の苦手です。文字を書いたり直したりする時間がもったいないと感じるので、行政関係の窓口へ行くときは必ず、“自分の名前と住所のスタンプ”を持っていくほど。

何がいちばん面倒かといえば、
「この欄には、どんな内容を書けばいい?」「この欄には、どんな文字列を書けばいい?」
と悩むこと。

なぞなぞか!と思えるほど分かりづらい項目名や説明を解読しながら記入する行政の書類…ストレスです! 次に「書きまちがえたら取り消し線を引き、印鑑を押す」という手間。

ということで、開業届も当然、面倒くさいものだと思っていました。ところが、実際は意外とカンタンで驚いたものです!

私は2020年に確定申告で「freee確定申告」というWebサービスを使ったのですが、その中に「freee開業」のサービスもついていました。そして、確定申告と一緒に開業届を提出できてしまいました。とてもあっけなかった。

今回は、そのfreee開業について振り返ってみようと思います。

開業届などの一式をカンタンに作れる「freee開業」

freee開業は、フォームの項目を入力していくだけで自動で書類を完成させてくれます。私自身もこのしくみで開業届を作り、freee上でオンライン提出をしました。

この書類画像は、その時に私がfreeeで作った開業届です。
(個人情報が多いので文字は変えています。文字を入れた場所は色をつけています/クリックで大きい画像が開きます)

freeeは以下のような項目を埋めるだけ。とてもカンタンです。

・氏名、住所開業届
・仕事の概要(選択項目)
・事業開始の予定日
・働く場所
・給与支払いの予定
・収入の種類
・屋号(任意) など

アカウントを作ればすぐに入力が可能。画面もシンプルなので、パソコンが苦手な人にも分かりやすいでしょう。

50万円の資格を逃した大失敗(実話)

コロナ対策として、最大50万円を補助してもらえる「持続化補助金」を国が作りました。ビジネスをする多くの人が助かったのではないでしょうか。私の友人も喜んでいました。
しかし私は「開業日」の設定をミスをしたため、補助金をもらえなかったのです。

持続化補助金は「開業日が2018年12月31日以前」の人が対象。私の開業日は2019年1月1日。
本当はもう少し前に仕事を始めていたので、開業日を2018年12月中にしても良かったのですが、キリが良いことや覚えやすいことを理由にこの日にしました。開業日を1日遅く書いただけで50万円の資格を手にできなかった、悔しいできごとです。開業日を忘れることはなさそうです。

開業届づくりは想像よりカンタン。無料で作ってみよう!

freeeは、以下のような書類を自動で作ってくれます。

●開業届
●青色申告承認申請書(確定申告用)
・青色専従者給与に関する届出書
・給与支払事務所等の開設・移転・廃業等届出書
・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
・以上の控え

「青色申告承認申請書」まで作ってくれるのもうれしいポイントです! これが提出できれば、65万円控除という確定申告の特典を使えます。

freee開業は完全無料。途中で課金が発生することもありません。
「もっと前に作っておけば良かった…」と思うことが無いように、思い立った時に作りましょう。
『登録から開業書類の作成・提出まで すべて無料』のサービスなので、ぜひチャレンジしてみましょう!

英語で言うと:Notification of opening (of business)

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました