アルゴリズム SNS
SNSのお話

アルゴリズム は、カンタンに言うと…

投稿の「価値」を測定するしくみ

アルゴリズム」の効果や役目

<理解して使いこなすと…>
SNSでの投稿や、ショップの商品などを優先して表示してもらえる
→シェアされたり購入されたりすると、さらに表示順位が上がるため、うれしいループに入る
→ファンやお客さんが増える!

知りたいことや欲しいものがあると、Googleなどを使ってインターネット検索をします。

この時、上のほうに表示された結果のリンクをクリックする人は多いのではないでしょうか。
この「上のほうに表示される」や「多く表示される」という状態を作っているのがアルゴリズムというものです。
アルゴリズムとは、あなたの投稿の価値を測定するプログラム。価値が高いと判断されれば、ランキング上位の投稿として、優遇し目立たせてくれます。

実は、TwitterやInstagramなどのSNSでも同じです。
SNSの投稿が並んだ「タイムライン」は、新しい投稿が表示されているのではないということをご存知でしたか?
SNSでも、投稿がアルゴリズムによって自動でランク付けされ、アルゴリズムが「イイネ!」と判断した投稿が優先的に表示されています。

表示されるランキングが上になることは、投稿を多くの人に見てもらったり、自分の商品を買ってもらうためには重要です。今回は、「どうしたらアルゴリズムを攻略して表示ランキングの上位になれるのか?」を勉強しました。(長いので2記事になります)

あなたの表示ランキングを決める「アルゴリズム」

アルゴリズムは、「この投稿はあなたの役に立ちますよ!」と気を回しておすすめの投稿を表示してくれます。

そのために、投稿の価値を測定し、価値の高い投稿と低い投稿を自動で判断するしくみになっています。アルゴリズムが大量の投稿を自動でふるいにかけた後、見ている人にとって「価値が高そう」な投稿を選んで、優先して表示します。
ネットショップでも、同じように価値がありそうな商品が優先的に表示します。

ということは、まずはアルゴリズムに「この投稿は価値がある」と思ってもらうこと、アルゴリズムに気に入られる必要があるということです。

上位ランキングに表示の中には、アルゴリズムに気に入られランキング上位になるように工夫をしている人たちがたくさんいます。
アルゴリズムのしくみルールを理解して、ルールを乗りこなした者が上位、勝者になれると知っているからです。

ネット検索の世界(Google検索やYahoo検索等)では、上位になるために「SEO(エスイーオー)」というものに力を入れますが、SNSやネットショップでも同じことです。

完璧ではない

さて、Twitterではたまに不思議なことが起きます。ある検索をしたとき、

●いいねもRTも少ないツイートが、いいねもRTも多いツイートの上側に、「話題のツイート」として表示される
●「新しい順」で並び替えをしたのに、古い投稿が、新しい投稿上側にあらわれる

などの現象が起きます。
自分の投稿のほうが条件をクリアしているのに、自分よりも条件的に劣っているようなツイートのほうが優先して表示される…。これは納得いきませんね! しかし、これがSNSのアルゴリズムです。

アルゴリズムは常に改良され成長しています。インターネットが盛んになり、AI(エーアイ)の技術が向上していくと、より利用者に合った「オススメ」ができるようになっていくのでしょう!

次は、SNSごとのアルゴリズムの違いを勉強します。
https://regeld.com/promote/algorithm2/

まとめ

目に見えないしくみには、なかなか意識が向かないものです。
それでも、私達の人気を左右するアルゴリズムを味方につけて、どんどん人気度、認知度を上げていきたいですね!

さらに詳しく知ろう!「アルゴリズム」

ここでは、アルゴリズムに関する人気の本を探してみました。

作者はオンラインマーケット「Etsy」のエンジニア。とっつきにくいアルゴリズムを理解しやすいように工夫されている。

今日的な視点から選んだ、実際に役立っている9のアルゴリズムのアイデアを、章ごとに掲げてわかりやすく説明。

アルゴリズムを独学する人向け。基本的な26のアルゴリズム+7つのデータ構造をすべてイラストに。

〔Wikipediaでは〕≫アルゴリズム

「計算可能」なことを計算する、形式的な(formalな)手続きのこと、あるいはそれを形式的に表現したもの(ここでいう「計算」とは、英語で calculation よりも複雑な場合を含むような computation を含んでいる。

〔辞書(Weblio)では〕≫アルゴリズム

ある特定の問題を解いたり、課題を解決したりするための計算手順や処理手順のこと。これを図式化したものがフローチャートであり、コンピューターで処理するための具体的な手順を記述したものがプログラムである。イランの数学者・天文学者、アル=フワーリズミーにちなむ。

むずかしい日本語:計算手順や処理手順

英語で言うと:Algorithm

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました