広告は強い!/私たちのお金は静かに狙われ続けている1

未分類

私たちのお金は、つねに狙われています。

こう聞くと、まるで泥棒にでも盗まれ取られてしまうのか思うかも知れませんが、ちょっと違います。
取られるというよりも、「喜んでお金を払うよう、コントロールされている」という感じです。

  1. お金をどんどん使ってしまう理由は「広告」
  2. なぜ広告がのっているの?
  3. 「広告をのせたい会社」と「メディア」それぞれの思い

お金をどんどん使ってしまう理由は「広告」

インターネットやテレビ、雑誌など、私たちが楽しんで見ているものは「メディア」や「媒体(ばいたい)」などと呼ばれます。このメディアには、たくさんの「広告(こうこく)」が載っています。

●生活の中にあるメディアは、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌など。
●家の外に出れば、ポスター・駅のホームの看板・電車の中吊り広告・バスやトラックの外面・レシートの中・手くばりのチラシやティッシュなど。
●インターネットなら、Facebook、Twitter、LINE、Youtubeなど。

広告は、多くの人が気軽に集まれるところにあります。

なぜ広告がのっているの?

なぜ広告がのせられているのでしょうか? それは、メディアが「広告費で作られている」からです。
雑誌の印刷(いんさつ)やホームページなど、広告費で稼(かせ)いだお金が使われます。

メディアは、広告をのせたい会社に「広告をのせる場所(スペース)」を売ったり、広告を作ってあげたりしてお金をもらいます。

「広告をのせたい会社」と「メディア」それぞれの思い

広告をのせたい会社メディアは、どのような思いでつながっているのでしょう?

◎広告をのせたい会社の思い◎ 商品をたくさん売ってもうけたい!
見る人がたくさんいるメディアに広告をのせよう
 ↓
広告を見た人が買ってくれた!もうかった!

このようなことことを期待して、会社はメディアに広告を出します。
たくさんの人に買ってもらいたいので、人気のメディアを選んで広告をのせます。

◎メディアの思い◎ 広告スペースをたくさん売ってもうけたい!
広告をのせてあげることで、広告費(こうこくひ)をもらいます。
目立つスペース(場所)、大きいスペースの広告ほど、広告費をいっぱいもらうことができます。また、人気のメディアになるほど広告費が高くなります。

広告スペースを買ってくれた!もうかった!
 ↓
もっとがんばって人気メディアになったら、もっと広告費でもうかるぞ!

このように、より多くの広告が取れるよう、営業(えいぎょう)マンさんたちがさまざまな会社をまわって営業をしていたりします。
メディアは、広告費でもうけることが目的で作られているわけではありません。でも、広告費はメディアにとって大切なものです。

このように、ふだん目に入る広告によって、お金を使うようコントロールされているのです。

未分類未分類

Posted by Chief_editor