アマビエ1(2種)丸いのイラスト

アマビエ1(2種)丸いのイラスト / Amabie1 (2types) Illustration
スキ! (スキ!を押す)
読み込み中...

日本に伝わる半人半魚の妖怪。海中から現れ、豊作や疫病などの予言をすると伝えられている。

弘化3年(1846年)の4月の中旬頃。毎晩のように海中に光る物体が出現していたため、ある夜に町の役人が海へ赴いたところ、このアマビエが現れていた。
その姿は人魚に似ているが、口はくちばし状で、首から下は鱗に覆われ、三本足であった。

役人に対して自らを「海中に住むアマビエである」と名乗り、「この先6年間は豊作が続くが、もし疫病が流行することがあれば、私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。(出典:Wikipedia)

コロナウイルスの薬が開発され、一日も早く世界中の人々が救われますように。[illust]