夫か会社の健康保険に入っていればもらえる

出産育児一時金しゅっさん いくじ いちじきん

もらえる人出産した女性 申込先病院
金額(目安)42万円(赤ちゃん1人につき) 詳細&最新情報出産育児一時金(Q&A)(全国健康保険協会 [協会けんぽ])
もらえる時期(目安)退院時の支払いで安くなる その他条件が合えば「出産手当金」との併用OK
もらえる人
出産した女性
金額(目安)
42万円(赤ちゃん1人につき)
もらえる時期(目安)
退院時の支払いで安くなる
申込先
病院
詳細&最新情報
出産育児一時金(Q&A)(全国健康保険協会 [協会けんぽ])
その他
条件が合えば「出産手当金」との併用OK

出産にかかる費用のうち、42万円分を健康保険組合が払ってくれます。

条件(参考)

  • 妊娠85日目以降に出産した
  • 会社 または 夫の健康保険に入っている(扶養)

手当の受け取りかた 3パターン

受け取りかたは3パターンあり、手続きが楽である「直接支払」がよく使われます。

直接支払(ちょくせつ しはらい)

病院へ申請すると、手続きをしてもらえます。
手当のお金は、健康保険組合(けんこうほけん くみあい)から病院へ直接支払われ、そのお金が、出産にかかった費用にあてられます。

出産費が42万円より高かったら、残りの差額を自分で払います。
(例)出産費が45万円だった→ 3万円を病院に払う

出産費が42万円より安かったら、健康保険組合に申請をすれば差額を振り込んでもらえます。
(例)出産費が40万円だった→ 2万円をもらえる

受取代理(うけとりだいり)

病院が「直接支払」に対応していない場合は、こちらを使うことになります。お金は、直接支払と同じように病院へ支払われ、費用から引かれます。

大きな違いは、“病院ではなく、自分たちで書類を用意して手続きをする”こと。やることが多いので早めの準備が必要です。

産後申請(さんご しんせい)

出産費用はすべて自分で払い、後から健康保険に申請をする方法。クレジットカードで支払いポイントを貯める人などが使います。

似たような手当も申請できる

会社の健康保険に入っていて、産休を取った人は、「出産手当金」という手当ももらえます。

  • 所得制限なし
  • 母親

申請方法

【申請する書類】 渡された または 必要といわれた書類

くわしく話を聞きたい時は

病院の受付窓口や相談窓口へ行く、または電話をして「出産育児一時金(しゅっさん いくじ いちじきん)について、くわしく知りたい」とお伝えください。

※他の保障や支援の情報などもあわせて問い合わせたい時は「○と○についてくわしく知りたいので、それぞれの窓口を教えてください」のように伝えます。

詳細や最新情報をチェック

出産育児一時金(Q&A)〔 全国健康保険協会 [協会けんぽ] ホームページ内 〕

※手当てや保障の対象になるかどうかは、申請先の市区町村や会社の条件で変わります。
必ず申し込み先に詳細をお問い合わせください。

「所得」ってなに?

「所得」ってなに?
給料や売上から、仕事のために使ったお金「経費」を引いたもの
≫詳細:「所得」と「収入」のちがい

出産育児一時金」について