15才以下の子を育てる親がもらえる(ひとり親以外もOK)

児童手当じどう てあて

もらえる人15才以下の子を育てる親 申込先市区町村(区役所・市役所・町役場)
金額(目安)総額 約200万円 詳細&最新情報児童手当制度のご案内(内閣府(厚生労働省))
もらえる時期(目安)毎年2・6・10月(4ヶ月分づつまとめて) その他出産の翌日から15日以内に申込む/所得の多い家庭は金額が減る
もらえる人
15才以下の子を育てる親
金額(目安)
総額 約200万円
もらえる時期(目安)
毎年2・6・10月(4ヶ月分づつまとめて)
申込先
市区町村(区役所・市役所・町役場)
詳細&最新情報
児童手当制度のご案内(内閣府(厚生労働省))
その他
出産の翌日から15日以内に申込む/所得の多い家庭は金額が減る

15才以下の子どもがいる家庭でもらえます。
「認定請求書」を申請すると、子どもが15才になった後の3月31日まで、もらい続けることができます。

金額(基準)

子供の年齢 金額(子ども一人につき)/月額
~ 2才 15,000円
3才 ~ 小学生 10,000円(3人目の子どもから15,000円)
中学生(15才まで) 10,000円

※学校の給食費や、保育料などを、児童手当から払われるようにお願いすることもできます。(できない市区町村もあります)

  • 所得制限の審査あり
  • 中学生
  • 0才~小学生

申請方法

【申請する書類】 現況届, 認定請求書 その他  渡された または 必要といわれた書類

●認定請求書…子どもが生まれたり、他の市区町村から引越したときに提出
●現況届…毎年6月ごろに届くので、今の状況を記入して送り返す
注意すること

出産した翌日から15日以内に申請をします。
申請する前の分のお金はもらえません。遅くなるほど損をするので、出産の1~2ヶ月前には、あらかじめ申請書をもらって準備をしておきましょう。

くわしく話を聞きたい時は

市区町村(区役所・市役所・町役場)の受付窓口や相談窓口へ行く、または電話をして「児童手当(じどう てあて)について、くわしく知りたい」とお伝えください。

※他の保障や支援の情報などもあわせて問い合わせたい時は「○と○についてくわしく知りたいので、それぞれの窓口を教えてください」のように伝えます。

詳細や最新情報をチェック

児童手当制度のご案内〔 内閣府(厚生労働省) ホームページ内 〕

おまけ情報使わずに貯金すれば、お金のかかる「子供の大学入学費」などに使えます。

※手当てや保障の対象になるかどうかは、申請先の市区町村や会社の条件で変わります。
必ず申し込み先に詳細をお問い合わせください。

「所得」ってなに?

「所得」ってなに?
給料や売上から、仕事のために使ったお金「経費」を引いたもの
≫詳細:「所得」と「収入」のちがい

児童手当」について